白馬の人気スキー場ランキング!格安リフト券も紹介します

白馬の人気スキー場ランキング!格安リフト券も紹介します

記事作成日: 2019-07-31

白馬コルチナスキー場

 

まる
やっぱりこの冬は、彼氏作ってスノボに行きたいな。ゲレンデが溶けるような恋をですね……。
しえ
まるちゃん、毎年それ言ってない?
まる
ちぇっ、しえちゃんは彼氏がいるから余裕だもんね。どっかに白馬の王子様は居ないかなぁ。
ベル
白馬といえば、長野の白馬エリアのスキー場はどうかな?
まる
居るの?王子様!
ベル
……。す、素敵なスキー場ばかりだから、素敵な出会いもあるかもね?少なくとも、楽しく滑れるのは間違いなし。人気ランキング、いってみよう!

 

白馬コルチナスキー場
2019-05-28 16:55:19
スキー・スノボを続けていると、自然と長野県のスキー場の評判を聞く機会が増えるはずです。そこには爽快なロングコースやサ...

新幹線 イメージ
2019-06-05 13:22:46
自動車は手軽にスキー場へ行く手段として人気がありますが、目的のスキー場が遠くなればなるほど、ドライバーの負担は増えて...

第1位 エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィンタースポーツパーク

エイブル白馬五竜&Hakuba47

長野県hakubaエリアきってのビッグスケールを誇る、「エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィンタースポーツパーク」。ふたつのスキー場は共通券で行き来することができ、合わせて23本ものコースを楽しめます。

 

ファミリーにカップルに友達同士に、またどんなレベルでも楽しめるオールマイティなバランスの良さが人気です。スキーツアーでも、両スキー場合わせてのプランが多く見られます。

 

最長滑走距離は白馬五竜が5,000m、hakuba47が6,400m。また、単コースで1,500m超のロングコースも充実していて、効率的にまわしたい方も満足。

 

初級者はhakuba47がゆったりとしておりオススメ。中級以上は、非圧雪や急斜面がたくさん用意された白馬五竜がオススメです。

 

キッズパークはどちらにもあり、いずれもソリや遊具のレンタルが無料で利用できます。 また、白馬五竜川のスキーセンター「エスカルプラザ」は24時間営業で便利。なかには日帰り温泉「竜神の湯」がありアフタースキーにぴったりです(※24時間ではありません)。

 

 

第2位 白馬コルチナスキー場

白馬コルチナスキー場

全16本のコースを有する白馬コルチナスキー場。初級から上級までバラエティ豊かに揃っており、訪れる人を選びません。

 

白馬エリアでは最も北に位置しており、奥まったところにあるスキー場ですが、その分ほかより空いているというメリットも。また、白馬乗鞍温泉スキー場と隣接しており、共通リフト券の販売も行われています。

 

すり鉢状のげれんではグループでも迷子になりにくい地形。キッズパークは入場無料の雪遊び、ふわふわ遊具など小さいお子様から気軽に楽しめる内容が好評です。

 

ゲレンデ内のホテルグリーンプラザ白馬は、宿泊はもちろん日帰り入浴も可能な「美人の湯」がありアフタースキーも充実。展望岩風呂や檜湯など本格的な施設で、アメニティも豊富に揃っています。

 

長野駅からは無料送迎バスの運行がされています(完全予約制・予約受付2日前まで)。

 

 

第3位 白馬八方尾根スキー場

白馬八方尾根スキー場

最長滑走距離8,000mという超ロングクルーズが楽しめるのが、白馬八方尾根スキー場です。 長野オリンピックの競技会場に使われ、世界的に有名なスキー場でもあります。

 

中上級者に大満足な内容となっており、きっちりと整備された景色の良いゲレンデに、連続する急斜面やリーゼンスラロームコースなど14本の多彩なコースが待っています。 初級者やファミリーはふもとの「咲花ゲレンデ」「白樺ゲレンデ」や「咲花キッズパーク」を利用することになるでしょう。

 

キッズパークはブーツを履くところから学べる、日本初の「ステップアップ型」。基礎から身につけて上級者の滑りも見られるという点では、しっかり上達していきたい方にオススメのスキー場だと言えます。

 

近隣には白馬八方温泉があり、日帰りでも利用することが可能です。  

 

 

第4位 白馬岩岳スノーフィールド

白馬岩岳スノーフィールド

ロケーションの素晴らしいことでも知られる、白馬岩岳スノーフィールド。こちらも比較的、エリア内では空いているほうです。アクセスがやや不便ではありますが、スキーバスなら運転の必要もなく安心です。

 

26本もの豊富なコース数を誇り、中級をメインに構成されているので誰もがレベルに合わせて楽しめます。

 

山麓付近に限定されがちな初級者コースですが、岩岳では上部にも用意されているので、初級者からその眺望を満喫することができます。絶景が見られる全国ゲレンデ6選にも選ばれており、ぜひ味わっておきたいところですね。

 

キッズパークがありませんので、小さなお子様連れのファミリーよりも、大人向けのスキー場であるといえます。

 

駐車場からすぐのところに日帰り温泉施設「白馬姫川温泉 岩岳の湯」があり、ここでの入浴を楽しみに岩岳を選ぶ人が居るくらいの名湯でもあります。

 

 

第5位 栂池高原スキー場

栂池高原スキー場

栂池高原スキー場は、白馬エリアで最大規模を誇る、ビッグスケールなスキー場です。初心者にイチオシのゲレンデでもあり、9本あるコースのうち8割が初中級者向けとなっています。

 

最長滑走距離は4,900mですが、こちらも初級者からゆったりと滑走可能。 ゆるやかでワイドな斜面がメインとなっているので、ファミリーにも安心です。また、次のレベルへステップアップしたい方も、練習しやすい環境となっています。

 

また、レクチャー受講後のみ利用可能な非圧雪エリア、バックカントリーなど中上級者の楽しみ方も実はしっかり用意されています。

 

スノーパークは基本アイテムのライトパークに加え、アイテム豊富なヒットパークもOPENし更に充実の内容に。キッズパークにはムービングベルトが設置されており、小さなお子様でもラクラク移動が叶います。

 

ゴンドラ・イブに隣接する施設「栂の湯」があり、日帰り温泉が楽しめます。無料で利用できる足湯もありますよ。

 

 

 

しえ
わあ、温泉が楽しめるスキー場が多いんだね!
ベル
白馬エリアは湯の町でもあるからね。アフタースキーに天然温泉で温まれると満足度がかなり高まるよ♪
まる
ぴちぴち美人肌で、王子様もゲットできるかも……。ほかにはオススメのスキー場はないの?
ベル
もちろんあるよ!今回のランキングに入らなかったものの、甲乙つけがたいオススメを紹介していくね。

 

白馬乗鞍温泉スキー場

白馬乗鞍温泉スキー場

混雑を避けたいなら、白馬乗鞍温泉スキー場がオススメです。

 

12本のコースは中級が半分を占めており、プチバックカントリーが楽しめる非圧雪コースも充実しています。とはいえちびっこ広場は無料で利用できてファミリーにも満足の内容。ソリ、トンネル、アーチなど楽しい遊具がたくさん揃っています。

 

また、子供専用のウェーブコースがあり、滑れるようになったお子様も飽きずに本格的に楽しむことができますよ。白馬コルチナスキー場と隣接しており、共通リフト券の販売も行われています。

 

 

HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場

HAKUBA VALLEY鹿島槍スキー場

HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場は、鹿島槍の雄大な姿を眼前に眺めながら滑れる、眺望の良いスキー場です。安曇野インターから約60分と、白馬エリアで最もインターから近いスキー場です。

 

全部で15本のコースは初中級が85%を占めており、ゲレンデデビューにもピッタリな環境。センターハウスを中心にしたすり鉢状のコース設計で、バラバラに滑っても迷子になりにくいようになっています。

 

条件が整った場合だけOPENする未圧雪のダウンヒルコースは、エキスパートなら逃さずチャレンジしたいところ。

 

センターハウスには露天風呂も楽しめる「空中大展望浴場 ハイランドスパ」があり、北アルプスの山々を見ながら汗を流すことができます。

 

 

白馬さのさかスキー場

白馬さのさかスキー場

鹿島槍スキー場とならんで、安曇野インターからもっとも近い場所にあるゲレンデ、白馬さのさかスキー場。 10本のシンプルなレイアウトのコースは、初級が4割とゲレンデデビューもしやすい設計になっています。

 

レイクダウンコースで青木湖を眼下にしながら滑り降りる感覚は爽快の一言。ワイドでゆるやかな斜面が多く、安心して楽しめます。 上級者には、最大斜度32度、非圧雪も選べるニューパラダイスゲレンデなど。

 

スノーパークは難しいものを廃止して誰でもが気軽に楽しめるものにリニューアルされました。リップがないので、飛ばなくてもOK。ターンさえできたら楽しめる画期的なやさしいパークとなっています。

 

キッズパークはキッズルーム目の前にあり、利用しやすい環境。プレイルームも隣接しています。

 

 

 

 

まる
ちょっとちょっと~白馬エリアったら、ステキなスキー場だらけで、なんだかもう王子様とかどうでもよくなってきちゃった……。
しえ
ね!今年も私とふたりで、めいっぱい楽しもうよ♪
ベル
白馬エリアのスキー場はインターから車で60分以上かかるけれど、それでもたくさんのファンが訪れるだけの魅力が揃っているよ。運転が不安なひとは、スキーツアーもいっぱい開催されているからチェックしてみてね~!

 

 

 

バス市場編集部

この記事を書いた人 バス市場編集部

他の記事を見る

バス市場情報局を運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。夜行バスや日帰りバスツアーなどのバス旅行情報を発信していきます。

人気の検索キーワード

twitterをフォロー
総合ランキング
テーマ

もっと見る

おすすめ観光地
地域別テーマ

もっと見る

follow!