バス市場TOP > 路線バス 新型コロナウイルス感染防止の対応について

新型コロナウイルス感染防止の
対応について

最終更新日:2020年7月1日

お客様と運転士、また社員の安心・安全な環境をまもるための予防措置を講じています。
本件に関する、当社の対応状況を以下の通りご案内致します。

咳、発熱などの症状がある、または疑いのあるお客さまは予めご乗車をお控え頂きますよう、ご理解、ご協力をお願い致します。
乗車前、また車内においてはお客様同士のご不安解消のため、マスクを必ずご着用ください。
なお、マスクを着用されないお客様、ならびに発熱など体調がすぐれないお客様のご乗車はお断りする場合がございます。

東京鍛冶橋駐車場からご乗車のお客様へ
場内への入場は、出発20分前からのお客様のみとなります。早めに到着されてもご入場頂けませんのでご注意ください。

1. 車内カーテン設置について



飛沫感染防止策として全席に仕切りカーテンを設置しました。尚、休憩停車時は車内の照明を明るくさせて頂きます。
4列シート通路側にも設置しました。4列シートでもプライベート空間でご乗車頂けます。

※スタンダードのバスには設置がない場合がございます。各商品詳細ページでご確認ください。

2. 車内の空調について

外気導入モードを使用することで、車両の前方と屋根上のエアコンから新鮮な空気を取り入れることにより概ね5分で車内の空気を入れ替えることができます。

詳しくはこちらをご参照ください。

・日野自動車 
https://www.hino.co.jp/corp/news/2020/20200702-002655.html
・三菱自動車  https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534207_02.pdf

3. 乗降口にアルコール手指消毒剤
(ハンドジェル)を設置

厚生労働省より手指消毒用エタノールは濃度が原則 70~83vol%の範囲内であることと示されており、 当社では濃度70%のハンドジェルを乗降口に備え付けます。

乗車の際は手指消毒にご協力をお願い致します。

また乗車前、休憩時の手洗い、うがい並びに車内でのマスク着用にご理解ご協力をお願い致します。

4. 運転士の体調管理について

睡眠時間、健康状態の確認の他、運転士は出勤時に検温を行い異常が無いことを確認して乗務します。

5. 運転士のマスク着用について

多数のお客さまがマスクを着用している状況に鑑み、接客時及び運転時を含め常時マスクを着用し業務します。

6. 使用車両の除菌作業について



運行終了後は手すりや座席、荷棚などお客様が触れる部分をエチルアルコール、非イオン界面活性剤成分の業務用クリーナーにて除菌作業を行います。取付カーテンにはアルコール成分入りの除菌剤を散布します。又、定期的に空調フィルターの清掃及び背もたれや座面を取り外して洗浄作業を実施します。

各拠点帰庫清掃時には車載用新型オゾン脱臭除菌機「E-OZONE」を使用し車内にオゾンガスを放出(くん蒸)することで、浮遊菌やシート・カーテン・装備品の裏側などにある付着菌・付着臭まで短時間で強力に除去し、快適な移動空間を提供します。

詳しくはこちらをご参照ください。
E-OZONEについて
オゾンの効果について

車内イメージ

7. 乗車時のお願い

お並び頂く場所では周囲のお客様と距離をとってお待ちください。また、お並び頂く際は歩行者や自転車など周囲の交通の妨げにならないようご配慮ください。

ご乗車前や車内でお休みの際も常にマスクの着用をお願いいたします。

8. ブランケットの貸し出しについて

ブランケットは1回ごと使用毎に洗っております。個装対応なので安心してご利用ください。
バス入口に置いてありますので、ご自由にお使いいただけます。

今後もお客様に安心してご利用いただけるよう環境を整え、可能な限り運行を再開し継続して参ります。

▲ TOPへ